プロが答えるよくある質問

屋根を塗装するべき時期や価格が全てわかる4つの目安!

Protection concept. Isolated on white
Pocket

自宅の屋根の色が薄くなってきたり、家を建ててから10年以上経った方は屋根の塗装をするべきか悩んでいないだろうか? 屋根の塗装は10年に一度に行うのが一般的だが、人によっては新築後15年~20年過ぎてから塗り替える方もいる。

ではどのくらいの時期に塗り替えるのがいいのだろうか?それは屋根の種類や施工業者の仕上がりによっても異なり、さらには気候により変わってくるので一概にはわからない。 そして屋根の塗装の費用はどのくらいかかり、どれくらいの工事期間かかるのだろうか?と不安に思う事だろう。

だがその漠然とした不安とはなんだろうか? その不安とは屋根の塗装に関わる「時期」「価格」「工程」「期間」について把握してないためにくる不安なのだ。 だからもしあなたが漠然と屋根の塗装に関して不安に思っているのなら下記の4つの目安を把握することが近道だ。

目安1:屋根の塗装の時期
目安2:屋根の塗装の価格
目安3:屋根の塗装の工程
目安4:屋根の塗装の期間

もちろん屋根一つひとつにそれぞれ異なる。しかし正確じゃなくとも目安を押さえておけば業者まかせずにせず、あなたが主体的に塗装の時期、業者の選別をし、塗装工事を見守ることができるのだ。

だから本日説明する目安を押さえればあなたの不安を払拭する事が可能だ。 それでは本日は外壁塗装コンサルティングの私が屋根の塗装について4つの目安を順に解説する。

目安1:屋根の塗装の時期

屋根の塗装の時期を判断する方法としては、2つのやり方がある。どちらかで時期を判断するというよりは、両方の観点で塗装を判断するべきだ。だから今から紹介する①と②の両方の方法を読んで屋根の塗装のタイミングを検討しよう。

①屋根の状態を見極める

屋根 施工前

この方法は現在の屋根の状態を見て、

・屋根の色にバラつきがでてきた。
・屋根にコケや藻が生えている。
・金属の部分が腐食している箇所が出てきた。
・雨漏りしている箇所がある。
・屋根が一部ひび割れている。

これらの状態なら、一般の方でも注意深く自宅の屋根を見れば判別可能だ。もしこれらのうち2つに該当するようであれば、すぐに屋根の塗装が必要だ。なぜなら放置しておくと塗装で済んだものが屋根の張り替えが必要になり、かえってコストが高くなるからだ。

また雨漏りに関してだが、一見すると雨漏りしていないように見えても、見えない場所で雨漏りが発生しているケースがあるので注意が必要だ。

②屋根の種類から耐用年数を見極める。

屋根の塗装のタイミングを知る方法としては、あなたの家の屋根の種類から耐用年数を見極める方法がある。こちらの方法は家を新築で立てた時からあらかじめ、外装を含めて塗装のタイミングを見極める方法だ。

新築の時に屋根の塗り替えタイミングを考えてなかったという人も、問題はない。まずはあなたの家が下記のどの屋根の種類なのかみてほしい。

スレート系

現在もっとも普及しているのがこのタイプの屋根だ。「化粧スレート」というセメントに繊維をまぜて作られている。「化粧スレート」はコロニアル・カラーベストと言われている。耐用性に優れて地震にも強い。そして天然の泥岩を素材にした重厚感のあるデザインの「天然スレート」といわれるものがあるが、こちらは耐震性に弱いという欠点がある。

スレート系の耐用年数は10年から15年

和瓦

和瓦は昔ながらの粘土を使った焼き物の材質で、時間とともに味わいが出てくる。塗装の必要がなく半永久的にメンテナンスが必要なと言われるが、耐震性が強くない。

和瓦の耐用年数は半永久的

セメント瓦

セメントと砂から作った瓦で防水するために塗装されている。寸法をコントロールして作られるため施工の際は非常に施工性の高い材料だ。ただし和瓦のように半永久的というわけではなく、防水性を保つためにも定期的に塗装が必要だ。

セメント瓦の塗装目安は約15年~20年

金属系

金属系は加工がしやすく、複雑な形の屋根にも対応できる事から施工性がたかく耐用年数も高い。「ガルバニウム鋼板」と「銅板」があり、特に「ガルバニウム鋼板」はデザイン性に優れた屋根によく使われる。

セメント瓦の塗装目安は約20年

トタン屋根

金属系の屋根だが、過去にもっともよく使われた屋根だから金属系とは別に説明する。過去普及した理由としてはその価格と施工性の高さだ。そして錆びやすいのもトタン屋根の特徴だ。今はガルバニウム鋼板が普及しているためトタンで施工されることは一般の家庭においてはない。

トタン屋根の塗装目安は約5年~8年

いかがだろうか?あなたの家の屋根の種類と耐用年数の目安がわかっていただけたと思う。ただし耐用年数は目安に過ぎない。気候条件や施工した業者の仕上げによってもこの目安は変わってくる。そしてなにより①の屋根の症状がでてきているのなら、耐用年数内でも塗り替えを検討しよう。

目安2:屋根の塗装の価格

屋根の塗装は塗料によって、価格も耐用年数もかわる。次の表をみてほしい

  耐用年数 価格
シリコン系塗料 10年~15年 35万~45万円
フッ素系塗料 15年~20年 45万~60万円
遮熱塗料 10年~15年 35万~55万円
断熱塗料 10年~15年 35万~55万円

※99平米の場合 昔は屋根の塗料にアクリル系塗料やウレタン系塗料が使われる事が多かったが、今はシリコン系の塗料がほとんどだ。当然価格によって耐用年数もかわってくる。

また遮熱塗料や断熱塗料は名前のとおり熱を防ぐ効果があり、その分価格も高くなってくる。もし予算があるのなら検討してもよいが、シリコン系塗料も開発が進み耐用年数は高い。 ここでの価格感は業者と話合う前の相場として念頭にいれておこう。

当然屋根の広さ、形によっても塗装価格は変わってくるからだ。 また屋根の塗装の際には外壁の塗装も一緒に検討するべきだ。なぜなら屋根の付帯部分の塗装工事なども一緒にやってしまったほうが足場の設置代が浮くため安上がりだ。今回は屋根の塗装の話なので外壁を含めた相場感は下記記事を読んでほしい。

おすすめ記事:あなたの家の外壁塗装の価格相場がわかる30事例

目安3:屋根の塗装の工程

業者に見積もりを出してもらう上で、屋根の塗装工事にはどのような工程があるのか把握しておく必要があるだろう。これから説明する内容に一部専門用語も出てくるが、それらを覚えるというよりや一読して流れをつかもう。 何事も業者まかせにするのではなく、専門外であっても理解することが大切だ。では工事の流れを説明する。

①足場設置工事

足場の設置はみなさんも街を歩くとよく見かけるはずだ。あの鉄のパイプをつなげて職人は屋根までの足場とするのだ。ただこの足場の設置の料金は意外に高い事はしられていない。おおよそ屋根塗装の料金の30%近くを占める。このため外装の塗装も一緒にやった方が長期的にはコストも安くなるのこのためだ。

②飛散防止ネット・養生

塗装する塗料が飛ぶのを防止する役目があり、また養生とは塗装しない箇所を塗料から守るものだ。

③下地処理

塗料を塗る前に下地を調整する作業の事だ。

高圧洗浄(スレート屋根の場合)

高圧の洗浄機で藻やコケなどの汚れを徹底的に落とす作業の事だ。劣化した塗料を落とし、新しい塗料の粘着力を強くするためにこの作業は重要な作業だ。汚れが落ちていないと、せっかく塗った塗料も剥げやすくなってしまうからだ。この作業は通常2回以上行う。

また乾燥には24時間以上おく。施工中も業者がちゃんとやっているかポイントとなる作業だから覚えてほしい。

ケレン(トタン屋根)

トタン屋根の場合は、高圧洗浄だけではサビは落ちないからサンドペーパーでサビを丹念に落とす作業が必要になる。サビがあると塗料の付きも悪くなる。下地処理は塗りの工程ではもっとも重要な工程だ。

④下塗り

まず塗りの作業には、3つの工程があることを理解してほしい。それが「下塗り」「中塗り」「上塗り」だ。その中でも「下塗り」には屋根の保護や、色彩の効果はなく、「中塗り」「上塗り」の塗料を屋根と密着させるのが目的だ。そのため屋根の材料によって「下塗り」の塗料が異なる。 ここではよくあり、スレート屋根の場合の「シーラー」塗料とトタン屋根の場合に使う「プライマー」を覚えてほしい。

シーラー(スレート屋根の場合)

スレート素材と中塗り・上塗りの塗料の接着をよくするための下塗り塗料がシーラーだ。シーラーは水溶性の塗料で、スレートの劣化が激しい場合は2回塗りする場合もある。またスレート屋根の下塗りの歳に必要になるのがタスペーサーという器具だ。スレートとスレートの間にはめ込むもので、塗料で隙間を埋めてしまわないように屋根と屋根の間のスペースを確保し湿気を外の逃がすものだ。タスペーサーは塗り終わった後も刺したままにする。

プライマー(トタン屋根の場合)

トタン屋根の塗料の接着をよくするために使うのがプライマーだ。シーラーと役割は一緒だがこちらは水溶ではなく溶剤だ。そのため臭気が強い。トタン屋根の場合、クギの穴やトタンとトタンの間はコーキングして隙間を埋める作業が発生する。

中塗り・上塗り

先に説明した塗料「シリコン系塗料」や「フッ素系塗料」で塗りの仕上げを行う。「中塗り」とう「上塗り」は同じ塗料を使う。中塗りがおわると4時間以上あけて乾燥させる。その後が上塗りだ。 ここで気を付けて欲しいのが、業者が本当に「中塗り」と「上塗り」の作業を2回おこなっているかだ。

1回塗りと2回塗りの区別は素人にはつかない。しかもこの工程を手抜きされると耐用年数は一気に下がる。業者に依頼する際も、注意深く作業を見守る必要がある。見積書なども「塗り一式」などとなっているとまったく不明確だ。だからあなたが塗りは「中塗り」と「上塗り」の二回ある事を念頭にいれる事が大切なのはわかっていただけたと思う。

目安4:屋根の塗装工事の期間

屋根の塗装の期間は広さにもよるが、7日間を目安にしておくとよい。詳細は下記の通りだ。 1日目:足場の設置 2日目:下地作業(洗浄・ケレン) 3日目:下地作業(洗浄・ケレン) 4日目:下塗り作業 5日目:中塗り作業 6日目:上塗り作業 7日目:その他、撤収作業 もし外壁塗装や付帯部分の塗装を考えているなら、これに3日から4日足すのが目安になる。

最後に

いかがだろうか?本日は屋根の症状から各屋根の素材の耐用年数。そして屋根の塗装の工程を説明した。業者に依頼する場合は、これらの事を必ず念頭に入れてから業者との見積もりや交渉に入るべきだ。難しい言葉や普段聞きなれない言葉が多いからと言って、業者まかせにするのは危険な事だ。

そして最後に正しい業者の選び方だが、まず当然だが一社だけから見積もりをもらうのではなく複数社からもらうのが良いだろう。複数社に見積もりを出させる事で、価格の違いや業者の姿勢が鮮明になるからだ。屋根の塗装は数十年に一度の大金を使う大切なあなたの家を守る作業だ。

私どものサイトは外壁塗装や工事の修理業者を紹介するサイトだ。このページの下の「あなたの街の外壁塗装のは今いくら」から入力すると、一度の入力で複数の会社を紹介させていただくので試してみてほしい。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?

簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!

  • ※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。

  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。

次へ次へ

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※日まで)


その他の人気の記事