プロが答えるよくある質問

外壁塗装のときに使われる微弾性フィラーって?

6d266543f6986a14371150a9da53381e_s
Pocket

外壁塗装とは単なるペンキ塗料ではありません。 塗装剤を塗る前には下処理は欠かせません。 というのも下地が劣化している状態で外壁塗装をしてもきれいにならないからなのです。 例えばひびが入っている場合、そのまま塗装をしてしまいすとひびがそのまま残ったままと奏されることになるのです。 ですので下処理をしてから外壁塗装をしなければいけません。 微弾性フィラーはその下処理で使われる塗料です。   微弾性フィラーは弾性という字のごとく柔らかい材料できているのが大きな特徴なのです。ゴムのような材料でできています。 微弾性フィラーの特徴は小さなひびを埋めてくれるところにあります。 あまり粒子の大きな塗料の場合はひびを埋めることができませんが、これの場合ですときれいに埋めることができます。 弾性があるために一度これで埋めますとクラックが入るのを防いでくれるのです。 そのために外壁塗装のした処理にはよく使われているのです。業務用ではよく使われる材料であり定番です。 また、微弾性フィラーの大きな特徴としてこのようなものがあります。 それは二度塗りできるところにあります。   また水で薄めて使うことも可能なのです。ただ、水で薄めた場合はひびを補修する効果も薄まってしまいますので、その後に薄めずに微弾性フィラーを再び厚塗りをする必要があります。 一度に厚塗をするよりも何度かに分けて塗ることによってよりクラックを防ぐ効果が生まれる材料でもあります。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?




簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!




  • /div>

    ※こちらの携帯電話番号にSMSメール概算相場価格と小冊子のダウンロードリンクをお送りしますのでお間違えのないようにご入力ください。


  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。



次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)



 





その他の人気の記事