プロが答えるよくある質問

外壁塗装塗料の種類と耐用年数ってどのくらい?

Pocket

外壁塗装工事とは、建物の外壁の塗装を塗り直すことで美観を保ち、建物をさまざまなダメージから守るために行われる工事のことです。 建物は日々、紫外線や風雪による劣化などでダメージを受けていきます。 その際に外壁に塗られている塗装が、建物そのものを防御してくれる役割を果たしていますが、時間が経つほどにダメージは蓄積され、塗装は劣化していきます。 そのため、定期的に外壁塗装を塗り替える必要があるのです。   外壁塗装がどのくらい耐用年数があるのかは、どのような塗料を用いるのかによって違ってきます。 塗料によりさまざまな用途があり、どれを用いるかはその建物の現在の状況や、考えられる災害、見た目についての家主の意見や工事のしやすさなどを判断していくことになります。   一般的にアクリル系の塗料はコストが割安で済むためコストパフォーマンスに優れていますが、耐用年数は五年から八年程度とされています。 モルタル壁や不燃材を用いたサイディング壁に適しています。 ウレタン系塗料は、アクリル系よりも紫外線に強く、水弾きが良いとされ、耐用年数は六年から十年と言われています。 シリコン系塗料は紫外線に強く高価になりますが耐用年数は長めで、八年から十五年程度となっています。 フッ素系塗料は外壁用塗料としてはもっとも耐用年数が長く、十二年程度から二十年程度も持つとされています。 その分、価格は高価になります。   外壁塗装にどの塗料を用いるかは業者と家主が相談して決めますが、家主の希望で耐用年数が長いものが選択されることもあれば、価格面を重視して耐用年数は二の次になる場合もあります。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?

簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!

  • ※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。

  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)

 

その他の人気の記事