プロが答えるよくある質問

外壁塗装においての玉吹きはどうやるの?

Pocket

建築物の外側の壁面には、ほぼ必ず外壁塗装が施されています。
では、外壁に塗装をする目的は何なのでしょうか。

 

理由の一つは、建物の外観を良くすることです。
確かに、塗料の色や模様などで建物を装飾する、というのも外壁塗装をする目的の一つではあります。
しかし、実は建物の外壁を雨や紫外線などから守るため、という実用的な目的もあるのです。

 

とはいっても、直接目に触れる所ですから、外壁塗装はおしゃれにしたいものです。
しかし、ただ壁に塗料を塗布しただけだと、納得のいく効果が得られないことが多くあります。
壁に凹凸が感じられず、全体としてのっぺりとした感じになってしまうからです。

 

それを避けるために行われる工程の一つが「玉吹き」と呼ばれるものです。
建物の外壁をよく見ると、何かの飛沫のような凹凸が見られることが多くありますが、それこそ玉吹き工程によるものなのです。

 

外壁塗装における玉吹き工程では、圧送したタイル等の主材を圧縮したエアーで飛ばし、外壁一面に吹き付けます。こうすることで、主材が玉状になって壁に付着し、固まって凹凸となるのです。

 

玉吹きを施された外壁は、凹凸の立体感が出て、より豪華な仕上がりとなります。
また外観上のメリットだけでなく、玉吹きすることで外壁そのものの強度も大幅にアップするという、実用的な利点もあるのです。

 

ところで、玉吹きした後、そのまま仕上げる「吹きっ放し仕上げ」と、吹き付けた後玉を平滑ローラーで潰す「ヘッドカット仕上げ」があり、それぞれ外観的な効果が異なります。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?

簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!

  • ※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。

  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)

 

その他の人気の記事