プロが答えるよくある質問

外壁塗装に不可欠な足場|足場にかかる費用と時間、トラブル事例とは

Pocket

外壁塗装の工事には大きな費用が掛かります。相場は、30坪の戸建て住宅で60~100万円程度。内訳としては、「材料費」「人件費」「足場代」「その他」です。中でも、足場代が約2割を占めています。

費用の削減を考え、足場代などは省きたいところかも知れませんが、足場は工事に必要不可欠なものです。ここでは、足場が必要である理由、設置や解体にかかる具体的な費用や時間などを解説していきます。

1 . 足場が必要な理由

何故、外壁塗装工事には足場の設置が必ず必要となるのか。省略できない主な理由として、以下の3つが挙げられます。

1-1 職人の安全のため

外壁塗装は高所作業を伴う工事であり、転落の恐れがあります。安全確保のためにも、足場の設置は必要不可欠です。厚生労働省が定める「労働安全衛生規則」においても、2m以上の高所作業を行う場合の足場の設置が求められています。

足場の役割として、誤って工具を落としまった場合などに発生する二次災害防止の効果もあります。

1-2 施工の質を高めるため

足場を設置しない場合、作業は脚立やはしごを立てて行うことになります。すると、足元が安定せず手元も疎かになり、作業に悪影響を及ぼします。その結果、施工不良となって数年後にやり直しが必要になる可能性もあります

施工の質を高めるためにも、足場の設置は欠かせません。

1-3 近隣住民への配慮

塗装作業や高圧洗浄の際、塗料や水飛沫が飛び散ったりしてしまいます。それが近くの建物や人にかかると、多大な迷惑をかけることになるため、足場を設置する際は、飛散防止ネットを取り付けて養生を行います。これにより塗料や水飛沫の飛散によるトラブルを防止します。

2 . 足場の設置・解体にかかる費用と時間

足場の設置と解体にかかる費用は、全体の工事費用の約2割と言われています。具体的にどの程度の費用となるのか、かかる時間なども確認していきましょう。

2-1 様々な足場

足場の設置には費用も時間もかかりますが、安全確保のためには欠かせません。足場にはいくつか種類があり、適切な場所に適切な足場を組むことで危険性が軽減されます。

設置に必要な時間に関しては、一般的な戸建てであれば、2~3人で作業を行うと6~8時間程度といったところです。費用に関しては、1平方メートルあたり800~1,000円程度が一般的な相場です。足場の種類別に特徴を見ていきましょう。

2-1-1 クサビ(ビケ)足場

クサビ(ビケ)足場は、正式には「クサビ緊結式足場」と言います。緊結部を備えた支柱に、クサビの付いたブラケットを打ち込んで手すりや踏み板などの部材を組み合わせていきます。

工具はハンマーだけで設置できるので、設置や解体も比較的簡単。作業時間も少なくて済みます。安全性が高く、作業もしやすいので、足場の中でも主流となっています。

no38_01

2-1-2 パイプ足場

パイプ足場は「単管足場」とも呼ばれ、鉄パイプを組み合わせて建てる足場のことです。塗装の際、職人は2本のパイプの上に足を乗せて作業を行うので、不安定で危険性も高くなります。傍に材料を置くスペースもないので、作業効率も良くありません。

利点としては狭いスペースでも設置が可能ということが挙げられます。

tera_パイプ足場?

2-1-3 単管ブラケット足場

単管ブラケット足場は、パイプ足場にブラケットを使用して組み立てる足場です。足を乗せる板を使用するので、パイプ足場よりも安全性は高くなります。

ただ、揺れやすいという難点もあります。部材をボルトで1つずつ固定するため、設置時間が比較的長くかかります。

mado_単管ブラケット足場

2-2 DIYでも足場を組める?

足場の設置工事に大きな費用がかかります。以下の表を参考にすると分かりやすいでしょう。

費用削減のために自分で設置できるのであれば、そうしたいところですが、組み立てには高度な技術が必要です。また、5m以上の足場の設置には、『足場の組立て等作業主任者』という資格も必要になります。危険を伴う作業でもあるので、業者に依頼するのが無難でしょう。

no38_02

2-3 追加の費用が発生するケース

建物の大きさにもよりますが、塗装工事を行う際の足場代の相場は20万円程度です。これが、状況によって追加の費用が発生する場合があります。よくあるケースごとに、費用がいくら上乗せされるのかを確認しておきましょう。

2-3-1 3階建の場合

足場にかかる費用は、『建物の外周×足場の高さ×足場の単価』で算出されます。足場代の相場は20万円程度ですが、これは2階建ての住居の高さで算出された料金です。

2階建ての平均的な高さは、約6m。3階建ての平均的な高さは、約8.5mになります。高さによって生じる料金の差は、5~15万円程度になると考えられ、3階建ての住居の場合この程度の料金が上乗せされることになります。

2-3-2 狭小地の場合

建物の状況によっては、隣の家との距離が近く、狭い土地に足場を立てなければいけない場合があります。足場材の搬入や組み立てが困難になり、設置するのに通常より時間がかかります。

すると、費用に手間賃が追加される場合もあります。手間賃がいくらかかるかは状況にもよりますが、相場は5,000円~といったところです。

足場の組み立てが不可能と判断された場合は、広いところで足場を組立ててからクレーンなどで運んで設置するというケースもあります。その場合、クレーン代が上乗せされることになります。

2-3-3 カーポートがある場合

足場を設置するエリア内にカーポートがあると、そのままの状態では足場を組むことができません。いったん取り外してから足場を組み、工事終了後に再び取り付けます。この作業費用として、1枚当たり600円~程度の費用が追加される場合もあります。ベランダルーフやグラスライトなども、取り外しの対象となります。

足場代は絶対にかかります

外壁塗装工事を依頼する業者を探す際、「足場代を無料にします」と言って契約を取り付けようとする業者もいます。

足場の費用は外壁塗装工事費の約20%を占め、かなり高額なものになります。それが無料になるなどというのは、あり得ない話です。「足場代を無料にします」は誘い文句に過ぎません。

足場代が別の項目、塗料代や諸経費に上乗せされている可能性があるので、疑ってみた方がいいかも知れません。

3 . 足場にまつわるトラブルの事例

足場の設置ではトラブルが発生しがちです。

もし、自らがトラブルにあった場合に備え、対応策を把握しておきましょう。ここでは、足場をめぐって発生しやすいトラブルの事例を紹介しておきます。

3-1 車や近隣住宅を傷付けてしまった

足場の組み立てや解体の際に、足場材が建物や車に当たって損傷を受けるケースがあります。自宅ならまだしも、近隣住人の家や車を傷付けてしまったら大変です。もちろん業者に保証してもらえると思うかも知れませんが、意外と簡単な話ではありません。

足場の設置を行う足場業者は、塗装工事を請け負っている塗装業者の下請けになっている場合が多いです。すると、責任の所在が曖昧になることがあります。

業者と話し合いをしてもスムーズに進まず、結局泣き寝入りして費用を自腹で支払うケースも少なくありません。

トラブルを防止するためには、工事に入る前に、足場業者が保険に加入しているかを確認してください。保険の適用範囲に関しても、工事箇所だけでなく、工事箇所以外の場所や工事関係者以外の人まで対象となっているか必ずチェックしましょう。

3-2 庭の木が邪魔で足場を設置できない

足場を設置する範囲内に、木が植えられている場合があります。プランターや鉢植え程度なら移動するだけで済みますが、大きな木や花壇になるとそうはいきません。植え替えなどの大きな作業が必要となる場合もあります

その際にかかる費用がどうなるのかも、業者に確認しなければいけません。

3-3 自宅の敷地だけではスペースが足りない

足場を設置するのに、十分なスペースが確保できない場合があります。あまりに土地が狭いと、隣の家の敷地を借りて設置することになります。その際は、隣家の住人に事情の説明をして、許可をもらわなければいけません。

工事中は、騒音が起きたり、塗料が飛んだり臭いが漂ったりする可能性もあります。すべて説明して、理解をしてもらった上での工事でなければ、大きなトラブルにつながりかねません。もし、許可が得られない場合は、無足場工法などの足場を使わない新たな塗装方法を考える必要があります。

4 . 足場の設置はトラブルが発生しやすいため、近隣への配慮を徹底しましょう

高所作業による転落事故など回避するためだけでなく、施工面において丁寧な塗装を行うのに、足場の設置は必要不可欠です。足元が安定しないことで施工不良となれば、かえって損をすることになります。

外壁塗装は近隣に迷惑を掛ける場合もあり、足場の設置においてもトラブルが発生しがちです。作業が円滑に進められるよう、近隣への配慮も徹底するようにしましょう。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?




簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!




  • /div>

    ※こちらの携帯電話番号にSMSメール概算相場価格と小冊子のダウンロードリンクをお送りしますのでお間違えのないようにご入力ください。


  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。



次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)



 





その他の人気の記事