プロが答えるよくある質問

外壁塗装の際の吹き付けとローラー、コテの違いは?

Pocket

一般的に新築住宅の外壁塗装の際には、ほとんどが吹き付けで作業が行われています。 新築住宅の外壁塗装で吹き付けが選ばれる理由として、建物を完全に屋根の高さまで覆って、周囲に飛び散らないようガードがしやすいためです。 外壁塗装を吹き付けで行うと、スプレーで塗るような感覚で、細かい隙間まで塗料が付着して均一につくため、塗り残しが出にくいといわれています。   その一方、リフォームなどで外壁塗装を行うときにはローラーで塗装を行うのが一般的です。 これは、特に住宅密集地の場合、周囲の建物や自動車に飛び散ることを防ぐためです。 また、こだわりのある壁面にはコテを選択する人もいます。 もともとが吹き付け塗装でも、外壁に変化をつけたい時には、塗る際に押さえつける手間やコストがかかりますが、コテ仕上げも可能です。 また、リフォームでも凹凸が大きい外壁の場合は、毛足の長いローラーを使っても塗装できない場合もあり、このようなときには風のない日に養生をしっかり行って、吹き付けで塗装を行います。 最近はエアレス塗装機といって空気ではなく、圧力で塗料を出すタイプの塗装機も使用されるようになり、仕上がりがさらに美しくなってきています。 最終的にはへこんだ部分や陰になる部分、それぞれ臨機応変な塗り分けが必要になります。   気に入った業者をいくつか選んだら、塗り分けに関する職人さんの考えについても意見を聞いておくと、納得の仕上がりが得られるでしょう。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?

簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!

  • ※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。

  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)

 

その他の人気の記事

コメント

Comments are closed.