プロが答えるよくある質問

外壁塗装をする時の手順と塗り方ってどうなっているの?

Pocket

建物の劣化を予防し、防水力を維持するためにも、定期的なメンテナンスは必要です。 また、汚れて色あせてしまった外壁は、イメージも悪く、大事な住まいの価値を下げてしまいます。 外壁塗装は、美観を保つだけでなく、色合いを変えるとイメージを一新することもできます。   外壁塗装をする場合、塗り方には手塗りと吹き付けがあります。 手塗りの場合、塗料の飛散や騒音がないので、管理が楽というメリットがあります。 吹き付けは、工期を短くできるというメリットがあります。 いずれの塗り方でも、使用する塗料がとちらにも適していれば、耐久性に違いはありません。 飛散防止の養生が難しい場合に、手塗りを選択したり、施工場所が狭い場合には吹き付けを選択したりと、作業効率に合わせて塗り方を決めます。 全体としては、最近では手塗りで塗装するケースが多くなっています。   外壁塗装の手順は次のようになっています。これは、どんな塗り方を選んでも同じです。   1.足場を架ける 2.洗浄 建物の汚れを落とします。塗り替え後の、はがれ防止になります。 3.養生 4.下地の調整 さび落とし、ひび割れのシーリングなど。 5.塗装 下塗りから塗り重ね、通常1回から4回塗ります。 6.養生の取り外し 7.足場の撤去   外壁塗装のタイミングは、外壁の素材によって見極め方がありますが、色あせ・汚れが目立つようになれば、塗膜の劣化で防水力など保護機能がなくなってしまう前に塗り替えを検討した方がいいでしょう。 マンションの場合には、管理会社によって長期修繕計画が立てられ、定期的にメンテナンスがされますが、同様に一般の住宅でも10年に一度くらいは十分な点検をおすすめします。 そのタイミングで塗り替えをすれば効率的で料金も抑えられます。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?




簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!




  • /div>

    ※こちらの携帯電話番号にSMSメール概算相場価格と小冊子のダウンロードリンクをお送りしますのでお間違えのないようにご入力ください。


  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。



次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)



 





その他の人気の記事