プロが答えるよくある質問

外壁塗装の工程の流れってどうなっているの?

Pocket

外壁塗装を施工する際の基本的な流れは、先ず最初に、どこを塗装するのか、施工範囲を決めることから始まります。 外壁塗装だからといって、外壁だけを塗装するわけではありません。 外壁塗装が必要な状態の家屋では、最も傷んでいるのは屋根ですから、ここは必ず塗装しなければなりません。 その他、細かく分ければ、ベランダや玄関のドア、雨どい、破風、軒天、外塀など、施工範囲を決めることが重要です。   施工範囲が決まれば、流れとしては次に足場を組み立てます。 足場は、安全な作業の為には欠かせませんし、更には落下防止や塗料の飛散防止のために養生シートも設置します。 この養生シートには、依頼した業者名が看板のように載っている場合もあります。 これは、宣伝目的も半分はありますが、近所からクレームがあった際の問合せ先を表示する目的もあります。   次の流れとしては、外壁に付着した汚れやカビ、窓や網戸に溜まった埃などを高圧洗浄で洗い落とします。 高圧洗浄が終われば、マスキングテープを用いて窓周りなどをマスキングし、塗料が付着するのを防ぎます。   次いで下地処理の工程に移ります。 この工程では、塗装面の汚れをとって、壁の亀裂や欠けた部分を補修します。 外壁塗装の本番は、次の工程の流れである下塗りからです。 下塗りは、上塗りの塗料が剥がれないように接着させることを目的とします。 外壁塗装の仕上がりを左右する重要な工程です。下塗りが済めば、後は中塗りと上塗りを行います。 どちらも同じ塗料を使って塗装しますので、実質下塗りの上に2度塗りすることになります。上塗りが終われば、施主に仕上がりを確認してもらい、マスキングした箇所を剥がし、足場をばらして完成です。

Pocket

あなたの外壁塗装、価格相場は今いくら?




簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!




  • /div>

    ※こちらの携帯電話番号にSMSメール概算相場価格と小冊子のダウンロードリンクをお送りしますのでお間違えのないようにご入力ください。


  • ※ご入力は任意ですが、全国相場の控えと営業情報満載の小冊子を今月末までのキャンペーンで無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をおススメします。



次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(今月末まで)



 





その他の人気の記事