プロが答えるよくある質問

セラミック塗料

Pocket

セラミック塗料

セラミックとは、無機系の鉱物のことです。
陶器などもセラミックですし、ガラスなども特別なセラミックの一つです。
宝石などを思い浮かべていただくと分かりやすいのですが、
鉱物は劣化しにくい性質を有しています。
そのため、セラミックが塗膜として付着していれば、
そのセラミック自体が紫外線等に破壊されることはありません。
セラミック塗料と呼ばれるものは、あくまで
「塗料にセラミックの成分を混ぜてある塗料」のことです。
セラミック塗料の種類は、大きく3種類あります。
添加剤として微量のセラミックが含まれているもの、
断熱効果を有する特殊なセラミックビーズを入れているもの、
そして石調の風合いを出すという美的観点から
セラミックを入れているものの3種類です。

特徴

セラミックス塗料は有機物の材料をほとんど使用しておらず、
ゾルゲルプロセスによって作製された無機質ワニス(Si-O)や、
無機顔料を主成分として構成されています。
そのため塗膜が硬い、紫外線に強い(耐候性)、
熱安定性が高い(耐熱性)などの特徴を持ち合わせています。
陶器やガラスに見られるように、ケイ素などの無機材料から
形成されている為です。
それらの特徴を塗料、塗膜で実現したものがセラミックス塗料になります。

メリット

乾燥過程によってセラミック成分が
表面に配置されると、親水性が高くなり、
汚れが雨水ですぐに落ちるようになります。
また、セラミックは硬度が高いことが特徴の素材ですが、
それを利用して外壁の硬度を上げ、
汚れを付着しにくくするなど、
セラミック成分を使って塗料に機能をもたせます。

デメリット

セラミックはもともと硬度が高い素材なので、
硬い=割れやすいということからクラック、
ひび割れが起きやすいというデメリットがあります。

耐久性

セラミック塗料には様々な種類があるため、
種類によって耐用年数が異なります。
例えばシリコン塗料に微量のセラミック塗料を混ぜたものは、
耐用年数はシリコン塗料と同等となりますが、
ガイナのように特殊なセラミック塗料では、
メーカー発表で耐用年数20年と言われています。

Pocket

その他の人気の記事